Le Saké

お酒のあらゆることについて掘り下げる

つくねとアレがコラボ?@御徒町

f:id:tPhone4:20190516220534j:plain

こんばんは。

最近会社帰りに電車の吊り広告にいる深キョンを3度見してしまう飲んだくれです。

(こう言うとおっさんになった気分になるので撤回しよう・・)

 

それはどうでもいいとして、先日御徒町でブログ仲間の方と飲みにいきまして、そこのお店が美味しかったのでシェアです。

 

山鶏 ハナレさんです。

 

こちらどうやら本館、はなれの2店舗あるそうなのですが、なんとなく「はなれ」の方がかっこいいなぁと厨二病な気持ちから山鶏のハナレ側に決めました。

 

トップ画からもわかるように、鶏肉と日本酒が愉しめるお店ですね。

 

こちらのお店、何が良いかって、

 

①鶏肉が新鮮で、焼鳥からとりわさまで、焼きも生もいける。

②日本酒の仕入れにも力を入れているため、新政や十四代などのレア酒もいただける。

③鶏肉の居酒屋だが、フォアグラがいただける。

 

③が、ん?というところですが、まずは①から。

 

ちょっと面白かったのが、とりわさを出してもらったときで、

「新鮮ですのでお早めにお召し上がりください」とのこと。

少しでも高温が続くと味が落ちちゃうのかな?と思いながら食べましたが、歯ごたえのあるとりわさで美味しかったですね。わさびもなかなか辛くて良い感じ。

f:id:tPhone4:20190516221942j:plain

 

焼鳥はどれを食べても美味しかったですね。特に白レバーとハツなんか、一緒にいただいた日本酒とピッタリでした。

焼鳥はこんな感じ。

f:id:tPhone4:20190516222131j:plain

f:id:tPhone4:20190516222152j:plain

f:id:tPhone4:20190516222215j:plain

 

続いて②ですが、こちら日本酒仕入れの担当がいるらしく、数日に1度?結構な数の種類を仕入れているそう。帰り際に言われたので頻度や種類の数字は覚えておりません(笑)

今回は、地元秋田の新政のエクリュ、くどき上手、十四代をいただきました。

 

f:id:tPhone4:20190516222525j:plain

お気づきの方もいるかと思いますが、ちょっと色が変わってますよね?

これ、くどき上手ではなく、「くどき上手ジュニア」というお酒らしいです。

くどき上手の造り手の息子がつくっているから、ジュニアがつくそう。まんまですね。

ただ日本酒度は低く、なかなかの甘口でした。個人的には変わってて好きでしたね。

 

f:id:tPhone4:20190516222732j:plain

そして神々しいこちらの方は、十四代 秘伝玉返し様ですね。

1杯1500円となかなか痛い金額でしたが、米の旨味がギュッとしており、且つ飲み口はフレッシュな、完璧な一杯だったなと。さすがっす。

 

そして③、フォアグラに触れていきます。

 

こちらのお店には、「フォアグラつくね」なる、貴族と庶民が結婚しましたみたいな名前のメニューがありまして。

 

f:id:tPhone4:20190516223207j:plain

一見ソースのかかったつくねですが、想像通り、中に貴族であるフォアグラが入っております。

 

フォアグラなんて結婚式で出てきたときくらいしか食べる機会がありませんが、

鶏肉というか、つくねとの相性の良さにビビりました。

 

卵とつくねが合うのは既知の通りですが、つくねとフォアグラが同時に口に入ってきたときの威力は半端じゃないなと。フォアグラ、つくね、ソースのトリプル技。

 

月見つくねが今後物足りなくなってしまいそうです。

うーん、貴族は怖い。

 

1本680円と、焼鳥の値段ではありませんが、山鶏ハナレに来たら他の串を差し置いてでも食べていただきたいですね。

 

 

ということで、今回は御徒町にある「山鶏ハナレ」さんをご紹介しました。

 

機会がありましたら、ぜひ鶏と日本酒(とフォアグラ)でマリアージュしてみてください。

 

それではまた。

 

 

<今回のお店>

山鶏ハナレ

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13172842/

悲報!?お酒を飲んではいけない意外なタイミングとは

f:id:tPhone4:20190122221642j:plain

こんにちは。

GWが明け、やりたいこと、やらなければいけないことが増えて「気合い入れてこう!」と意気込んでおりましたが、会社にたった4日行っただけで完全に5月病を患ってしまいました。

ブログの更新が9日も滞り、読書時間もあまり確保できず、なんて恐ろしい病気なんだ・・・。

 

ということで、いきなりネガティブで始めてしまいましたが、本稿は「ネガティブ」と「お酒」の関係性についてのお話です。

 

お酒を飲む時って、飲みたいときや誰かに誘われたとき、嫌なことを忘れたいときなど、様々だと思います。

 

しかし、ある条件下でお酒を飲むと、自分のメンタルにダメージを与えてしまうことがわかっております。

 

嫌なことがあった時にお酒を飲む、いわゆる「やけ酒」です。

 

よく、「今日はパーっと飲んで忘れようぜ!」とか、「静かなBarで途方にくれたい」とか言うじゃないですか?

私も友人に何か相談されたときなんかはよく飲みに誘っておりまして・・。

薄々気づいてはいましたが、こうなると今後気をつけなければいけないですね。

 

じゃあなぜやけ酒がダメなのか、その理由に入っていきます。

 

お酒を飲むと、ネガティブな記憶がより強く定着すると言われております。

 

よくやけ酒をして嫌なことを忘れようとする人がいますが(私も偉そうに言えない)

やけ酒をしても、お酒を飲んでいるときの記憶が曖昧になるだけで、実は嫌なこと、ネガティブな感情は強化されてしまうわけです。

 

東京大学で行われた実験では、マウスに電気ショックを与え、その後アルコールを注射し、アルコールによる影響がどうなのか調査しました。

するとアルコールを注射されたマウスは、電気ショックへの恐怖がより強まり、臆病であまり行動しなくなったそうです。

 

また人を対象にしたアメリ国立衛生研究所の研究では、人間は元々嫌な記憶を消す能力を持っているが、やけ酒をするとその能力が下がってしまうことがわかったそうです。

こうなると負のループにはまってしまいますね。

 

ついついやってしまいがちな「やけ酒」ですが、上述した実験からも、デメリット要素が強いことがわかっていただけたと思います。

 

私もちょっと前にネガティブな感情のままワインを飲んだら、「渋みが強くて美味しくないな」と感じたことがありました。あくまで個人の感覚ですが。

 

お酒を飲む時は「良いことがあった」、ポジティブに「この人と飲みたい」と思ったとき等にしておいた方が、よりお酒を美味しく愉しめるということだと思われます。

 

ぜひ参考にして、美味しく楽しいお酒ライフを送りましょう!

 

それでは。

 

 

<引用・参考>

メンタリストDaiGo Youtubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCFdBehO71GQaIom4WfVeGSw

コーヒー教室で気づいたコーヒーとお酒の共通点とは?

f:id:tPhone4:20190503143840j:plain



こんにちは。

 

最近このブログや日々の飲酒、読書を通してお酒がどんどん楽しくなり、色々な場所でお酒を楽しんでいるわけですが、ノンアルコールでも、また家でも何か楽しみたいなと思い、少し前に

「コーヒー教室 初級編」なるものに参戦してきました。

 

元々コーヒーは好きで、ほぼ毎日飲んでおりまして。

ただ、お昼寝前のカフェイン摂取が主な目的になってしまっており、美味しい豆を探したり味を楽しんだりできていなかったのです。

(昼食後、コーヒーを飲んで15分くらい昼寝すると、起床後の血糖値上昇を防ぎ、眠気も解消され午後の集中力が上がると言われています)

 

まぁそんな背景があり、どうせならコーヒーも楽しみたい!てことで、参戦してきた次第です。

 

そこで気づいてしまいました。

「あれ、これワインと一緒じゃね?」

と。

 

場所は銀座にある「RETHINK Cafe GINZA」というところで開催され、電子タバコショップの上の階に位置しており、協賛?的な感じで運営しているそう。

タバコは吸わないし吸ったこともない私はよくわかりませんが、お店は全然煙感もなく雰囲気も良かったですね。

 

内容としては、コーヒーに関する歴史や用語、味わいの違いや豆の保存方法、コーヒーに淹れ方まで、一通りサラっと触れていく感じでした。

 

f:id:tPhone4:20190503145322j:plain

テーブルに8名程で座り、講師の説明を受け、実際にドリップしてみました。

 

詳しい内容は割愛しますが、豆の産地、焙煎、挽き方、淹れ方で味わいが全然変わってくる。特に豆が収穫される農園の違いはダイレクトに味わいに効いてくると、説明、そして実践を交えて体感できました。

 

 

ん?豆が採れる農園で味が全然違う?

焙煎方法によって味が違う?

国によってというより、農園の違いが一番響いてくるのか。

 

という思考を巡らせ、嬉しい気づきがありました。

 

 

あ、ワインと一緒だ。

 

 

ワインもブドウによっても畑によっても全然違う(って言われてる)もんな。

 

そしてワインと同じように、しかもノンアルコールで愉しめるんだ。

 

ワインにおいてもまだまだ産地の違いなんて全然感じ取ることができないレベルですが、コーヒーでも同じように愉しめるということがわかっただけでも、自分にとっては大きな利益でした。

 

というか、ワインやコーヒーに限らず、衣食住の「食」に関しては、共通して言える愉しみ方かもしれませんね。

お茶や紅茶にだって、あるいはお米にだって同じことが言えるのだろうし。

もちろん日本酒やビールにも。

 

「すごい!」「やばい!」以外にも、もっと色々表現できるよう同時に語彙力も鍛えていこう・・(笑)

 

ということで、昔買ってあまり使っていなかった「コーヒーセット」はこれから、特に休日はフル活用していきたいと思います。

同時にコーヒーでも感性を磨いていきたいなと。

 

これからはコーヒーも愉しめる!と気づき、自分が慢性鼻炎だということが余計に悲しい次第です。

 

 

コーヒーライフも、少しずつ充実させていこう。

 

それでは。

 

 

 

令和一発目はワインに囲まれながら酔いしれよう@南青山

f:id:tPhone4:20190501103059j:plain

おはようございます。

ついに令和を迎えましたね。

私はあまり元号について意識していなかったのですが、会社の元同期に平成最後の御朱印に誘われてから、なんだか令和初日ということでソワソワしております。

図ったわけではないのですが、本日秋田に帰省してきましたので、令和初日は地元秋田よりお届けします。

 

何を書くか迷ったのですが、久しぶりだし令和だし、お店の紹介でいこうかと。

 

先日お酒情報に詳しい方からチラっと紹介いただいたのですが、青山にあるワインバーで、しかも食事もしっかりいただけると聞き、行ってきました。

しかも2日連続で。

 

ワインハウス南青山さんです。

 

本記事のトップ画像が入口でして、そこから地下に下っていきます。

 

中に入るとこんな感じ。

 

f:id:tPhone4:20190501104559j:plain

こちらカウンターですが、大きなセラーに囲まれ、シャンデリアに照らされながらワインを愉しむことができる空間です。

ワインはグラスでも注文できますが、ボトルを入れる場合、セラーから選んでこれる楽しさもありますね。

写真には写りきれていませんが、右側にもセラーは広がっていますよ。

 

2日連続訪れ、2日連続で注文させていただいた「ソムリエセット」は、とにかくオススメです。

ワイン3杯で1500円なのですが、ソムリエの店長さんが好みに応じてセレクトしてくださり、しかもシャンパーニュも出してくれちゃいます。

 

初日は3杯+自家製サングリアもサービスしてくださり、翌日は1杯1800円はするモンラッシュのシャルドネもいただきまして、とんでもなく価格破壊なリストとなりました。

f:id:tPhone4:20190501105425j:plain

うーん、これは忘れられない。

 

さらにシャンパーニュシャルドネカベルネにそれぞれ合うチーズも提供いただき、マリアージュに完全に酔いしれてしまいましたね。

特に、スティルトンチーズ×アメリカのカベルネ、この組み合わせは覚えておくと家ワインもグッと楽しくなりそうです。

 

料理もいくつかいただきましてどれも美味しかったのですが、写真がブレブレでして・・。

f:id:tPhone4:20190501105921j:plain

まともに写っているものを1つだけご紹介しますが、

こちら山形牛A5ランクのカルパッチョです。

 

牛肉をカルパッチョで食べたことがない私は悶絶でした。

ワインと合わせたらもう溶けましたね。

 

他にもパスタ等料理の種類は豊富です。

 

また1階は系列のお寿司屋さん「八兵衛」でして、お寿司も注文できちゃうんですよ。

ワインとお寿司のマリアージュも可能です。

 

肉寿司はいただいたのですが、海鮮はまだなので、次回は絶対にいただきたいですね。

 

ソムリエセットは19時までですので、もし注文されるのでしたら早めに訪問した方が良いかと。

 

またソムリエ店長さんと色々お話したいなぁ。

 

ワイン好きなら大満足、ワインが苦手な方もビールやカクテルに美味しい料理を合わせることで、幸せな時間を過ごせるかなと思いますので、ぜひ。

 

それでは令和も頑張っていきましょう。

 

<令和一発目のお店>

ワインハウス南青山

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13160282/

1日2杯でOK?頭も良くなり老化も防げるかもなお酒

f:id:tPhone4:20190413110410j:plain

おはようございます。

世間はGWに入りましたね。いかがお過ごしでしょうか。

私はこの10連休、前半を東京、後半を地元秋田で過ごす予定ですので、

前半戦はワイン、後半戦は日本酒といきたいなとニヤついております。

 

さて本日のテーマ、頭も良くなり老化も防げるかもなお酒、

もうなんとなく予想できてしまうかと思いますが、

 

赤ワインです。

 

赤ワインが健康に良いとはあちこちで言われてますから、ほとんどの方が

「なんだ、知ってるわ」と感じる結果かと。

 

ですので、今回は

①なぜ白ワインではなく赤ワインのみが健康に良いと言われるのか?

②赤ワインの健康的なメリットとは何か?

 

この2つについて掘り下げようと思います。

 

<赤ワインのみが健康に良いと言われる理由>

まず赤ワインが健康に良いと言われている理由はポリフェノールが豊富に含まれているからであり、お酒の中でも圧倒的に多く、また緑茶の6倍と言われております。

 

ではなぜ白ワインではなく赤ワインなのか。

 

それは、ポリフェノールは主に、ブドウの果皮や種に多く含まれるからです。

 

赤ワインはブドウを皮、種ごと漬けて発酵させますが、

白ワインは皮、種は取り除いた状態で漬けて発酵されます。

 

この製法に違いがあるわけですね。

(白は白ブドウ、赤は黒ブドウという違いもあるのかもしれませんが)

 

つまり皮、種ごと漬けて発酵される赤ワインの方が、ポリフェノールが多く含まれるということですね。

 

<赤ワインの健康的なメリットとは?>

赤ワインにはポリフェノールが多い、その理由は製法にある。というところまではわかりましたが、ポリフェノールによりどんな健康的メリットが得られるのか。

 

ポリフェノールの中にも5000種類あると言われており、その中でも赤ワインには

アントシアニンレスベラトロール、タンニンが、主に含まれております。

特に、アントシアニンレスベラトロールに健康的メリットが確認されております。

 

アントシアニン

LDL(悪玉)コレステロールを減らす効果があります。

LDLコレステロールは酸化することで悪さをするらしく、この酸化を防ぐ効果がアントシアニンにはあるそう。

酸化を防ぐということは、活性酸素を取り除き、アンチエイジングにも効果がありますね。

 

レスベラトロール

あまり聞きなれないですが、こちらは脳の機能を円滑にし、記憶力の改善、アルツハイマー病を予防する効果が確認されております。

 

ボルドー大学病院の研究によると、65歳以上377名を対象に飲酒量とアルツハイマー認知症、死亡率の関係を3年に渡り調査したところ、

1日3~4杯赤ワインを飲んでいたグループは、お酒を飲まないグループに比べて、

アルツハイマー病は1/4、認知症は1/5、死亡率は約30%低下したという結果だったとのこと。

 

またレスベラトロールには老化を防ぐ遺伝子を活性化させる効果も確認されているそう。

さらに、2010年の観察研究では、5033人を7年に渡って調査したところ、1日2杯くらいのワインを飲む人は、他のお酒を飲む人よりも認知テストの成績が良かったという結果も出ているそうです。

 

ちなみにポリフェノール含有量1位の赤ワインは「カベルネ・ソーヴィニヨンであることも研究によりわかっていること。

よりたくさんポリフェノールを摂取したいのであれば、重めの赤ワインであるカベルネを選べば良いわけですね。

 

適切な飲酒量

赤ワインを飲むメリットについて書いてきましたが、ではどのくらい飲めばいいのか?

これまで挙げてきたデータや、著書「最高の飲み方」でも推奨している量としては、

1日ワイングラスで2杯(100~300ミリくらい)とのことです。

 

飲み過ぎるとアルコールによる健康被害もあるので、このくらいかと。

 

まぁ私は2杯ではちょっとさみしいので、頻度を減らして3~4杯としたいところです(笑)

 

 

それではまた。

 

<引用・参考>

パレオな男

https://yuchrszk.blogspot.com/

 

最高の飲み方

マンガでわかる 酒好き医師が教える 最高の飲み方

マンガでわかる 酒好き医師が教える 最高の飲み方

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日を素敵な1日にするための飲酒量とは?

f:id:tPhone4:20190120220850j:plain

こんばんは。

二日酔いの科学、顔が赤くなる原因について最近書いてきましたが、

「さて、書いたんだから自分の適度な飲酒量もちゃんと計算するか」と思い立ち、血中アルコール濃度の計算式などをググっていたところ、

「なんだ、これに打ち込めばいいだけか」というサイトを発見しましたので、ご紹介します。

 

こちら↓

https://www.suntory.co.jp/arp/alcohol_calculation/

 

サントリーが提供しているページですね。

 

ここに自分の体重、飲んだお酒と量を入力すると、

飲んだ総量、純アルコール量、血中アルコール濃度がわかります。

 

自分の状態の指標になるのは「血中アルコール濃度」ですので、とりあえずここの数値を見れば良いわけですな。

このパーセンテージで爽快期や酩酊期など、酔いの程度も見ることができます。

 

ちなみに「二日酔いの科学」では、血中アルコール濃度が0.2%を超えると二日酔いになると書きまして、

もし「二日酔いにならない量にしたい!」とお考えなら、0.2%を下回るよう自分のいつも飲むお酒の種類で計算してみればいいですね。

(※もちろん個人差はありますので、0.2%はあくまで参考値です)

 

私で計算してみると、

<プライベート編>

ワイン5杯→0.14%

ワイン6杯→0.17%

うん、これ以上飲むと二日酔いになる可能性が高いですね。

 

<会社編>

ビール3杯+ハイボール3杯→0.25%

えっ、0.2%を超えてる・・・(笑)

ビール2杯+ハイボール2杯→0.17%

・・うん、このくらいにしておくか。

 

と、まぁこんな感じで色々計算しておくと、

「会社の飲み会で土曜が台無しになっちゃったよ!」という悲劇を回避できるかもしれません。

 

他のサイトにもこのようなツールがあるみたいですが、こちらが使いやすそうでしたので紹介させていただきました。

 

まとめます。

 

https://www.suntory.co.jp/arp/alcohol_calculation/ にアクセスする。

②自分の体重、飲む(飲んだ)お酒の種類と量を入力。(中ジョッキなら350mlかと)

③血中アルコール濃度と酔いの程度を確認する。

 

1分もあればできますので、ぜひ活用して翌日を素敵な1日にしましょう。

 

それではまた。

 

 

 

お酒を飲んで顔が赤くなる人、ならない人がいるのはなぜか?

f:id:tPhone4:20190122221642j:plain

こんにちは。

前回まで二日酔いについて色々と掘り下げてみましたが、

二日酔いやお酒の強い弱いに関係ありそうで、たまになかったりする不思議な現象について、本日はご紹介します。

 

お酒を飲むと顔が赤くなる人、ならない人って何が違うの?

 

まずは顔が赤くなる原因ですが、

有名なアセトアルデヒドさんです。

アルコールを代謝するときに発生するあの方ですね。

 

アセトアルデヒドによって体内の毛細血管が拡張、さらにアルコールの力で血流が良くなり顔が赤くなると言われております。

 

これだけでは、「じゃあみんな顔赤くなるはずじゃない?」という疑問が浮かぶかと思います。

 

どこで個人差が出てくるかというと、

アセトアルデヒドを分解する力です。

 

これはアセトアルデヒド脱水素酵素(以下ALDH)と呼ばれるものの働きのことで、このALDHはさらに3つの種類に分けられます。

そのうちのALDH2と呼ばれるものが、お酒の強弱に最も関係するとのことです。

 

このALDH2は遺伝により3つのタイプに分けられます。

・活性型(NN型)

・不活性型(ND型)

・失活性型(DD型)

 

日本人の50%は活性型であり、特徴として、アルコールに強く、赤くならないタイプです。

後述しますが、私はこのタイプですね。

逆に飲みすぎると青くなると言われたことがあります(笑)

 

続いて不活性型です。こちらは日本人の40%が該当しております。

特徴としては、そこまでアルコールに強いわけでもなく、赤くなりやすいわけでもない、ようは中間ってことですね。

ただこちらのタイプは、どうやらALDH2の活性レベルを鍛えることができるらしいんですよ。

よくいたじゃないですか、入学(入社)したときは全然飲めなかったのに、1年後会ったら結構飲めるようになってた人!(笑)

あれはこの不活性型ですね。

 

最後は失活性型。こちらは日本人の10%程しかいないとのこと。

もうお分かりかと思いますが、アルコールに弱く、顔がすぐ赤くなるタイプですね。

私の周りにも一瞬で顔どころか腕など全身が赤くなる友人がいますが、彼はまさに失活性型なのでしょう。

 

つまり、顔が赤くなる場合、不活性型か失活性型だということですね。

ここまで読めば、自分のアセトアルデヒド分解能力がなんとなくわかりますね。

 

ただし、アセトアルデヒドによる毛細血管への影響には個人差がありますので、失活性型なのに顔が赤くならない人も中にはいるそうです。

 

あとは注意するべき点として、不活性型の人は、ALDHは鍛えることができると書きましたが、活性型の人ほど強くなるわけではないですので、飲酒量には注意が必要とのこと。

周りにいる活性型だと思われる人には合わせない方がいいですね。

うーん、これは私も注意しなければいけないな(笑)

 

最後に、ALDH2のレベルを測る方法はないのか?

てことで現状2パターンあります。

 

1つは遺伝子検査を受けること。

精度を考えるとこちらが良いそうですが、費用もかかるとのこと。

 

2つ目はご存知の方が多いと思いますが、

アルコールパッチテストです。

私は大学入学時に受けましたが、自分でもできるのではないでしょうか?

方法としては、脱脂綿に市販の消毒用アルコールを含ませ、上腕部の内側にテープで7分間固定し、はがした直後と、10分後でそれぞれ皮膚の色がどうなっているか見るやつですね。

直後に赤ければ失活性型、10分後に赤くなれば不活性型と言えるそうです。

私が活性型と上述したのは、このテストで肌の色が変化しなかったからです。

 

まとめると、

①お酒で顔が赤くなる原因は、アセトアルデヒド

アセトアルデヒド分解レベルが不活性、失活性型は赤くなりやすい!

③そのレベルは遺伝で決まっている!

 

こんな感じでしょうか。

この知識をどのように活用するかは難しいところですが、不活性型で顔があまり赤くならないって方は、活性型のペースに乗らないように注意しよう!てところですかね。

活性型の人は、相手に無理させないようにしましょう(私も)

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

それではまた。

 

 

<引用・参考>

マンガでわかる 酒好き医師が教える 最高の飲み方

マンガでわかる 酒好き医師が教える 最高の飲み方