Le Saké

お酒のあらゆることについて掘り下げる

酒飲み必見!二日酔いの科学③

f:id:tPhone4:20190323093529j:plain

おはようございます。

またもや一週間空いてしまいましたが、二日酔いの科学パート3をお送りします。

 

本日はいよいよ「対策」についてです。

 

二日酔いの科学①、②では、よくある通説、二日酔いの原因(要因)についてまとめてきました。

 

よく言われている対策にも怪しいものがあるし、原因もハッキリわかってないし、どうすりゃいいのってところですよね。

 

ものすごーく当たり前で申し訳ないのですが、

結論から言うと

 

アルコール摂取量を減らすしかありません(笑)

 

はい、なんだか悲しい結論ですね。定性的だし。

 

もちろんこれは当たり前だし確実なのですが、もっと具体的な対策はないの?

ということで、二日酔いの科学①でケンブリッジ大学がチャンポンの研究を踏まえた対策を出しているのでご紹介します。

 

①飲みすぎない

②コンジナーを避ける(二日酔いの科学②参照)

③たっぷり水分を摂る

④食事しながら飲む

⑤飲んだらよく眠る

 

うーん、これまた目新しさの無い対策ですね(笑)

 

③のたっぷり水分を摂るについては、交互に飲むのは意味ないよーとお話しましたので、水を飲むことで飲酒量を減らそうということかと。

 

④の食事しながら飲むについては、例えば油物を先に食べるとアルコール吸収スピードが遅くなるという話があるように、特にたんぱく質と脂質が豊富なチーズを食べると、より効果的なのではないでしょうか。

あとは食物繊維も胃に残るので良いと言われております。

そのほかに食べると良いとされているものを、下記にまとめておきます。

 

(豚肉、牛肉、鶏肉、大豆、納豆、うなぎ、たらこ、お浸し、きんぴら、切干大根)

 

⑤については、そもそも睡眠と二日酔いの因果関係がよくわかりまんのでなんとも・・。

ただ睡眠を取った方が健康的なのは当然のことなので、科学の見解が出るまでは「そんなもんだよなー」くらいで考えようかと。

 

そして何度か触れてきた②のコンジナーですが、二日酔いの科学②で紹介したヨリスフォルスター博士が出している「二日酔いがキツイお酒ランキング」をご紹介しておきます。

 

1位:ブランデー

2位:赤ワイン

3位:ラム酒

4位:ウイスキー

5位:白ワイン

6位:ジン

7位:ウォッカ

8位:ビール

9位:スピリタス+オレンジジュース

 

こんな感じ。

ワイン好きの私としては、ワインが上位にきているので非常に残念です。

 

どうしても毎回二日酔いがきつい!って方は、こちらのランキングも参考にしていただければと。

 

ちなみに赤ワインについて触れておきますと、どうやら酸化防止剤が悪さをしているとの話があります。

「赤ワイン飲むといつも頭が痛い」と感じる方は、酸化防止剤を使用していないビオワインを飲むと良いかもしれません。

 

以上、非常にざっくりした内容だったかもしれませんが、現状わかっている二日酔い対策についてまとめました。

 

「アルコール摂取量を減らす工夫」

「飲酒中は胃に何か入れておくことを忘れない」

「コンジナーはなるべく避ける」

 

この3つを頭に入れておくと、対策にはなるのではないでしょうか。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは。

 

<参考・引用>

パレオな男

https://yuchrszk.blogspot.com/

メンタリストDaiGo YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCFdBehO71GQaIom4WfVeGSw

最高の飲み方

マンガでわかる 酒好き医師が教える 最高の飲み方

マンガでわかる 酒好き医師が教える 最高の飲み方